「Goal 02 飢餓をゼロに」の記事一覧

富士メガネのSDGs取組みとは?グローバルな活動内容をご紹介

富士メガネは、北海道札幌市に本店を置く眼鏡・補聴器の専門店です。前身となる富士眼鏡商会が誕生したのは1939年の樺太でした。かねてより顧客サービスを重視するスタイルを貫いている企業です。 1983年には海外難民視力支援活動を開始し、現在も継続しています。

続きを読む >

日本フードエコロジーセンターのSDGs取組みとは?食品ロス削減から美味しい食事をつなぐ事例を解説

日本フードエコロジーセンター は廃棄物処理業と飼料製造業の2面性をもつ新たなビジネスモデルを展開しています。第2回ジャパンSDGsアワードでは、SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞を受賞しました。 ...

続きを読む >

OUI Inc.のSDGs取組みとは?ピンポイントでのUHC貢献を紹介

OUI Inc.は、2016年に設立された慶應義塾大学医学部発のベンチャー企業です。現役医師の視点を生かし、日々の業務での問題点に解決策を見出す活動を行っています。

続きを読む >

SDGsの目標2.飢餓をゼロに。8つのターゲットを踏まえたSDGsの取組み方

SDGs(持続可能な開発目標)の目標2では「飢餓をゼロに」を切り口に、飢餓を終わらせ、食料の安全保障や栄養不足の改善を目指し、持続可能な農業を促進していくことを目指しています。特に飢餓の原因となっている食品ロスは、わたしたちの買い物や食事にも密接に関わっている大きな社会課題です。

続きを読む >

日本生活協同組合連合会のSDGs取組みとは?取組み方針と事例を紹介

日本最大の消費者組織、日本生活協同組合連合会。総会員数は約2,996万人で、総事業高は約3.8兆円。2020年度末で、314の生協(地域生協(宅配・店舗事業などを運営)や職域生協、大学生協など)が加入しています。

続きを読む >

クボタのSDGs取組み事例。「食料・水・環境」分野で展開する事業のひとつひとつで、持続可能な社会に貢献

トラクターやコンバインの製造・販売会社として馴染み深いクボタ。鋳物の製造・販売からスタートし、130年近くもの長い歴史を誇るメーカーです。

続きを読む >

ユーグレナのSDGs取組みとは?多数の賞を受賞する同社の取組み方針と事例をご紹介

株式会社ユーグレナ(以下ユーグレナ)は、日本でも有数のバイオテクノロジー企業です。藻の仲間であるミドリムシを活用した食品や化粧品の製造販売、バイオ燃料の研究などを行っています。

続きを読む >

マクドナルドのSDGs取組みとは?世界的企業が挑む「物流」「サプライチェーン」の細かな見直し

日本マクドナルド株式会社(以下マクドナルド)は、アメリカに本社を置く世界的なファストフードチェーンです。2022年1月時点での国内店舗数は2,942件。主力商品のハンバーガー以外も含め、限定商品も豊富に展開しています。

続きを読む >

無印良品のSDGs取組み事例とは?顧客が楽しみながらSDGsに参加できる取組みを展開、自社の利益につなげる

「無印良品」は、株式会社良品計画によるライフスタイルブランドです。無印良品では、家具・衣料品・雑貨・食品などの一般に知られているプロダクトの開発や販売だけでなく、カフェやホテルなど生活の基盤となる「場」づくりも手がけています。

続きを読む >

Leave Comment