「Goal 12 つくる責任 使う責任」の記事一覧

日本フードエコロジーセンターのSDGs取組みとは?食品ロス削減から美味しい食事をつなぐ事例を解説

日本フードエコロジーセンター は廃棄物処理業と飼料製造業の2面性をもつ新たなビジネスモデルを展開しています。第2回ジャパンSDGsアワードでは、SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞を受賞しました。 ...

続きを読む >

SDGsの目標12とは?「つくる責任 つかう責任」達成へのヒント

人間が生活するためには、どうしても地球にある資源を利用しなくてはなりません。しかし現状では、生産された製品や食品の多くが使われることもなく廃棄処分されています。 そんな状況を受け、SDGsの目標12では「つくる責任 つかう責任」として、持続可能な資源の管理と効率的な利用をターゲットにしています。

続きを読む >

日本リユースシステムのSDGs取組みとは?古着deワクチンで持続可能な社会を!

日本リユースシステムは、リユースを専門とするベンチャー企業です。 「古着deワクチン」を筆頭にビジネスと社会貢献を連動させたSDGs事業を生み出してきました。これまでの実績が評価され、日本リユースシステムは、政府からもSDGsに関する賞を受賞しました。 日本リユースシステムがどのようにSDGsに取り組んでいるのか、チェックしていきましょう。   ...

続きを読む >

大川印刷のSDGs取組みとは?ロールモデルとも呼ばれる同社の取組み方針と事例をご紹介

大川印刷は、1881年に創業した横浜市の印刷会社です。 社会的課題を解決できる「ソーシャルプリンティングカンパニー」を標榜し、SDGsについても積極的な取組みを行っています。

続きを読む >

日本生活協同組合連合会のSDGs取組みとは?取組み方針と事例を紹介

日本最大の消費者組織、日本生活協同組合連合会。総会員数は約2,996万人で、総事業高は約3.8兆円。2020年度末で、314の生協(地域生協(宅配・店舗事業などを運営)や職域生協、大学生協など)が加入しています。

続きを読む >

ユーグレナのSDGs取組みとは?多数の賞を受賞する同社の取組み方針と事例をご紹介

株式会社ユーグレナ(以下ユーグレナ)は、日本でも有数のバイオテクノロジー企業です。藻の仲間であるミドリムシを活用した食品や化粧品の製造販売、バイオ燃料の研究などを行っています。

続きを読む >

コカ・コーラのSDGs取組みとは?グローバル企業だからこその先進的で超現実的なロードマップに迫る

 日本コカ・コーラ(以降、コカ・コーラ)は二位のサントリーの約2倍の出荷量を誇る、国内トップの清涼飲料水メーカーです。主力商品のコカ・コーラシリーズはもちろん、アクエリアスや爽健美茶、い・ろ・は・すや最近話題になった缶チューハイ「檸檬堂」など多様なラインナップを展開しています。

続きを読む >

マクドナルドのSDGs取組みとは?世界的企業が挑む「物流」「サプライチェーン」の細かな見直し

日本マクドナルド株式会社(以下マクドナルド)は、アメリカに本社を置く世界的なファストフードチェーンです。2022年1月時点での国内店舗数は2,942件。主力商品のハンバーガー以外も含め、限定商品も豊富に展開しています。

続きを読む >

SDGs目標3に直結!ヤクルトのSDGsの取組み事例。世界40ヵ国に広がるグローバルな取組みとは?

株式会社ヤクルト(以降、ヤクルト)は、「人も地球も健康に」をコーポレートスローガンに掲げる日本の飲料・食品・化粧品・医薬品メーカーです。乳酸菌飲料でおなじみの「ヤクルト」や飲むヨーグルトの「ジョア」など、一度はヤクルトの商品を口にしたことがあるのではないでしょうか?

続きを読む >

Leave Comment