「Goal 17 パートナーシップで目標を達成しよう」の記事一覧

富士メガネのSDGs取組みとは?グローバルな活動内容をご紹介

富士メガネは、北海道札幌市に本店を置く眼鏡・補聴器の専門店です。前身となる富士眼鏡商会が誕生したのは1939年の樺太でした。かねてより顧客サービスを重視するスタイルを貫いている企業です。 1983年には海外難民視力支援活動を開始し、現在も継続しています。

続きを読む >

HAKKI AFRICAのSDGsの取組みとは?最新技術を活用したアフリカの金融サービスを解説

HAKKI AFRICAは、ケニアのタクシードライバー向けに中古車マイクロファイナンス事業を展開しています。電子決済サービスの利用履歴などから判断した支払い能力を信用スコアとし、今までお金を借りられなかった労働者でも金融機関で融資を受けられるサービスを確立させたことが高く評価されています。

続きを読む >

日本フードエコロジーセンターのSDGs取組みとは?食品ロス削減から美味しい食事をつなぐ事例を解説

日本フードエコロジーセンター は廃棄物処理業と飼料製造業の2面性をもつ新たなビジネスモデルを展開しています。第2回ジャパンSDGsアワードでは、SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞を受賞しました。 ...

続きを読む >

OUI Inc.のSDGs取組みとは?ピンポイントでのUHC貢献を紹介

OUI Inc.は、2016年に設立された慶應義塾大学医学部発のベンチャー企業です。現役医師の視点を生かし、日々の業務での問題点に解決策を見出す活動を行っています。

続きを読む >

SDGsの目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」の特徴と19のターゲットなどについて紹介

SDGsの目標は全部で17。その17番目となるのが「パートナーシップで目標を達成しよう」です。目標17には他との大きな違いがあり、ターゲット数も最大となっています。本記事では17番目の目標について概要やポイント、楽天と日本生活協同組合連合会といった企業による取組み事例も紹介しながら、重要である理由について解説していきます。

続きを読む >

日本リユースシステムのSDGs取組みとは?古着deワクチンで持続可能な社会を!

日本リユースシステムは、リユースを専門とするベンチャー企業です。 「古着deワクチン」を筆頭にビジネスと社会貢献を連動させたSDGs事業を生み出してきました。これまでの実績が評価され、日本リユースシステムは、政府からもSDGsに関する賞を受賞しました。 日本リユースシステムがどのようにSDGsに取り組んでいるのか、チェックしていきましょう。   ...

続きを読む >

大川印刷のSDGs取組みとは?ロールモデルとも呼ばれる同社の取組み方針と事例をご紹介

大川印刷は、1881年に創業した横浜市の印刷会社です。 社会的課題を解決できる「ソーシャルプリンティングカンパニー」を標榜し、SDGsについても積極的な取組みを行っています。

続きを読む >

日本生活協同組合連合会のSDGs取組みとは?取組み方針と事例を紹介

日本最大の消費者組織、日本生活協同組合連合会。総会員数は約2,996万人で、総事業高は約3.8兆円。2020年度末で、314の生協(地域生協(宅配・店舗事業などを運営)や職域生協、大学生協など)が加入しています。

続きを読む >

Leave Comment